くいしんぼう会議の議事録

食・恋愛・写真について、徒然なるままに書きなぐるブログ。

【読書】おすすめ恋愛本【恋愛心理学】

ぺちかです。

 

 

今日は、恋愛に関する本を紹介していこうと思う。

f:id:zacras:20190723012120p:plain


 

 

 

-もくじ-

 

 

 1.恋のバイブル!指南書

 

1-1.選ばれる女におなりなさい ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ

 

 

誰もが知っている日本一のお嬢様、デヴィ夫人の著。

イッテQの破天荒な姿しか知らない方はこれを読んだらびっくりするはず、

貧しかった夫人が、国家元首の妻になる、逆転サクセスストーリー。

 

これは、恋愛に対してのみでなく、人として大切なことをたくさん教えてくれる、

人生のバイブルと言っても過言ではありません。

 

私が一番印象に残った言葉は、

「教養は身を助ける」

 

貧しかった夫人は、教養が身を必ず助けると信じ、必死に勉強し、その努力が実を結び、最難関と言われていた千代田生命に入社したそう。

その後も、サパークラブでのアルバイトをしつつ富豪のお客さんと経済や政治の話を英語でして活きた英語を学んだり、舞台のお稽古や花嫁修業まで、寝る間も惜しんで様々な教養を身に着けた。

大統領と結婚できたのは、自分の美貌ではなく、自ら道をたくましく切り開く姿勢が功を奏したのだろうと言っている。

 

結婚後も大統領の妻として、母として、何か国語もの言語を身に着け、

時には亡命し、時には危ない橋を渡って入国し…

となかなかスリルのある人生なのだが、

そのターニングポイントすべてで教養と教養が結び付けた人脈に助けられる様がリアルに描かれている。

 

そんなデヴィ夫人

「イケメンではなく、好きな男をイケメンに育てなさい!」

とか

「大富豪を射止める女は案外普通な女よ!」

なんて言われたらそういうもんなんだな…と納得してしまうこと間違いなし笑

 

1-2.新型ぶりっこのすすめ 下田美咲

 

 

著者は付き合った男全員にプロポーズされたことのあるというつわもの。

 

そんな彼女、

付き合うのが体の関係が先かなんて関係ない!

むしろ相性確かめてから付き合った方がいいんじゃない??

というなかなかパンチのきいた持論の持ち主なのだが、

確かに一文一文説得力がある。

 

著者が新型ぶりっこ、と定義づけている女の子、

確かにぶりっこはぶりっこなのだが、

結局素直な子が可愛いんだな、と納得する。

全然嫌な感じのぶりっこではない。

 

特に性生活については「なるほど…」と思うことが多いので、

気になる方はチェックしてみては。

 

 

1-3. 使える心理学 植木理恵

 

 

これは恋愛に限ったものではないのだけれど、心理学の本。

 

恋愛カテゴリーには

・やっぱり見た目が大事だが…?

・わかりやすい脈ありのサインとは?

どうして浮気をするのか?

などなど興味深い内容が、心理学的な観点から考察されている。

 

 

恋愛心理学で一番有名なのは「好意の返報性」だろうか。

好きと言われた人を好きになりやすいみたいなやつ。

 

論理的に恋愛を進めたいリケジョにおすすめの一冊。

 

 

 

2.ただキュンキュンしたいの♡恋愛漫画

 

2-1.ディアマイン 高尾滋

 

 

 

ちょっと現実離れした、でもキュンキュンしたいならこちら。

 

どこにでもいる普通の女子高生が、お母さんの借金を肩代わりしてくれた

大富豪の息子(6歳下)の許嫁になる。

 

実はこの息子、10歳にして大きな会社の社長さん。

歳の割に考え方も働き方も何もかも大人な彼に対して

女子高生はどうしても見かけから子ども扱いしてしまう。

 

もう許嫁に決まる前からずーっと女子高生のことが好きだった息子は、

「子ども扱いされたくない」「1人の大人の男として扱われたい」

と奮闘する姿に

だんだん女子高生も心を惹かれていくお話。

 

こんなかわいくてイケメンで、仕事のできる年下の男の人に

一生懸命想われたいー!!

と妄想がはかどる作品である。。。

 

 

全4巻ですぐ読めるので、大人買いして一気読みもおすすめ。

 

 

2-2.素敵な彼氏 河原和音

 

 

「カレシ」にあこがれて高校に入ってみたものの、なぜか恋愛に鈍感な女子高生と、

百戦錬磨な男子高校生がひょんなことから恋に落ちる話。

 

河原さんって、なんてミステリアスで魅力的な男性を書くんでしょう!

高校デビューの葉くんといい、桐山くんといい、

ただひたすらクールでツンデレで私のタイプど真ん中。。。

 

河原さんの作品は、どれも男女の微妙な心情の変化を

繊細なタッチで描いていて、素敵な彼氏に限らずどれもおすすめ。

なによりも絵がとってもきれい!

 

青空エールや、俺物語もおすすめなので読んでみてください。

青空エールは1巻に1か所は泣き所があります。

 

 

 

2-3.愛せなければ死ぬ 坂野旭

 

 

いきなり物騒なタイトルの漫画です。。。笑

 

主人公は20股中のモテ男!!

そんな彼の前にある日愛の天使が現れて言う、

 

「60日以内に真実の愛を見つけられなければ、死ぬ!」

 

彼は真実の愛を見つけるために、1人1人の女の子と向き合う旅に出る。。。

 

 

この本、ただのちょっと物騒な本であるだけでなく、

章の最後に、関連していた心理学のコラムが載っている。

分かりやすく面白く、いつの間にか心理学も学べちゃう1冊だ。

 

 

3.じっくり主人公の気持ちになって…恋愛小説

 

3-1.ナラタージュ 島本 理生

 

 

数年前、松潤有村架純が主演の映画をやっていたこちら。

 

 

先生に想いを寄せる女子高生が、大学生になって、想いはそのままに、

先生と再会する話。

 

映画の趣味がひどく合う二人は、何かと口実をつけて会ってしまったり、

会わないと決めても運命のいたずらで引き寄せあう。

先生は、離婚した前妻によってできた心の穴が埋まらず、女子高生を拠り所にしてしまう。

 

もう「共依存」と言っていいほどの関係性の2人だが、実は先生には秘密があって……

 

先生があんまりにもずるすぎる、衝撃のラスト。

 

読後の爽快感はなく、何とも言えない静かな気持ちになるが、

こんな複雑な気持ちをもたらしたのはこの本が最初で最後と言えるだろう。

何度も読んで、反芻して、やっと「これもハッピーエンドのひとつと言えるのかもしれない」という気持ちになる不思議な本である。

 

 

3-2.勝手にふるえてろ 綿矢りさ

 

 

数年前に、松岡茉優が主演の映画になっていた。

 

喪女の主人公が妄想と現実に挟まれる様をコミカルに描いた作品。

 

高校の時、大好きだった「イチ」を忘れられずに社会人になった主人公。

イチはいじられキャラでクラスの人気者だった。

そんな彼に「あえて」関わらないことが、彼の特別になるすべだと信じて疑わない。

 

そんな主人公に、熱烈にアプローチしてくる会社の同期がいた。

主人公は彼に興味がなく、名前も覚える気がなく「二」と心の中で名前を付ける。

 

そんな中、自宅でボヤ騒ぎを起こしてしまい、一命をとりとめた主人公は、

「いつ死んでもおかしくないこの世の中、後悔したくない!!」

と、クラスの陽キャラと偽ってSNSで同窓会を呼びかけるが再会した「イチ」は…?

 

 

 

小説で読むのも十分笑えてちょっぴり泣けて楽しめるのだが、

映画のコミカルな松岡茉優も必見。とってもかわいい。

 

 

 

4.おわりに

 

恋愛に関する本をだらだら紹介してみたが、

必勝バイブルを読んで意中の相手を射止めるもよし、

漫画を読んでキュン成分を補給するもよし。

 

共通して言えるのは、

恋愛本読むとモチベーション上がるよね。

 

 

以上、ぺちかでした。